前へ
次へ

日頃の生活習慣や労働環境で腰痛に

腰痛で悩んでいる人は少なくありません。しかしそれ自体が病気の名前ではなく、あくまでも体に表れる症状です。しかし腰の痛みの約85%は、しびれやまひといった神経症状や重篤な基礎疾患などがないといわれています。またレントゲンやMRIなどの画像検査ををおこなっても、どこが痛みの原因なのか特定しきれないことが多いです。このように痛みの原因がはっきりと特定できないものを、「非特異的腰痛」と呼んでいます。腰の痛みは、長い時間中腰でいつづけたり猫背などの姿勢を続けたりすることで、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときに起こりやすいといわれています。また、運動不によって腰を支える筋力が弱っているケースでも症状が出やすいです。そして時期的には、気温が低く筋肉が硬直しやすい冬に神経が刺激されて痛みが出やすくなります。腰の痛みの多くは、セルフケアすることで短期間で回復します。しかし休養が不十分だったりストレスが溜まっていたりすると、なかなか治りにくく回復まで時間がかかります。労働環境によって腰の痛みを悪化させてしまうことは少なくありません。特に重たいものを持ち上げる作業や体幹を曲げたりひねったりする作業が多い場合は注意が必要です。最近は介護職に着く人が増えていますが、介護者の体を支えることが多いためか、腰の痛みを訴える介護職員が少なくありません。一方、同じ姿勢をとり続けるような職場でも、腰の痛みは多く発生します。デスクワークを長時間続けている人や長距離輸送のドライバーなどで腰の痛みを訴える人は多いです。何故同じ姿勢を続けると腰の痛みが発生しやすいかといえば、股関節やその周辺の筋肉の柔軟性が失われているからです。さらにぎっくり腰も原因が特定できない非特異的腰痛に含まれます。ぎっくり腰とは、急に無理な動作をしたときなどに生じる腰の組織の怪我です。ぎっくり腰は、ねんざや椎間板などの損傷が多いといわれています。しかし、厳密にどの部分が傷んでいるのかを特定するのが困難なため、非特異的腰痛に分類されます。

健康保険や自賠責保険が適用できる接骨院
痛い出費をできるだけ安く抑えることができます

市川市・行徳で歯医者をお探しならこちら

内科的な緩和治療×外科的根本治療ができる
だからきちんとペットの病を治すことができるのです

Page Top